稼働が悪い物件の再生例

2016/4以降なんば近辺の民泊物件が増加し、単価の低下、稼働率が下がっています。それに伴い利益も下がります。

一般的なエアビーの代行業者は

売上の2割、清掃代は1kで5000円前後です。

清掃代は表面上やすく書かれていても交通費やリネン類が増えると大体5000円くらいになります。
まず利益を残すためにはランニングコストを下げるべきです。
売上の2割をもっていかれるとどうなるてでしょうか?
家賃8万円

光熱費15000円

清掃10回 50000円

消耗品3000円

ワイファイ4500円

ランニング合計は152500円です。

売上は清掃費用込みで20万だったと仮定しましょう。

代行費用は2割ですから40000です。

そうすると手元に残るお金はたったの7500円です。

初期投資は40〜50万はかかってますから、オリンピックまでに回収できません。

ランニングコストはさげましょう。